2019年9月16日月曜日

京都国立近代美術館

(美術館のまどから、平安神宮が見える)

先週の金曜日、友達といっしょに京都国立近代美術館に行きました。とくべつなアトラクションがありますから、アルムストロング先生に切符をもらいました。

「ドレースコード」というアトラクションです。服と洋服について習いました。
美日間にある服は時々きれいでも、時々変だと思いました。
「ドレースコード」のポイントは「服の着方は大切ですか。どうして」と言っていました。服のれきしとしゃしんはおもしろかったです。

切符がちょっと高いですが、私は展示が好きで、いいと思いましたから、よかったら、行ってください。

場所:京都国立近代美術館
料金:大学生に、900
時間:午前9時半〜午後5


2 件のコメント:

Unknown さんのコメント...

一緒に行って、楽しみました!特に洋服の写真がおもしろかったですね。洋服が多様だったから、私はよく「あ、着てみたい」と思っていました!

Megumi Oyama さんのコメント...

おもしろそう!ウェブサイトで、マンガの絵がかいてある着物を見て、びっくりしました!